2006年08月22日

結婚を控えた友人に捧ぐ

Wedband_milgrain


ここ最近、“寿”な話題の多い私の友人たちだが、そんな中で
来年5月に結婚を控えた友人Lが早くもマリッジブルーに陥り、
普段の彼女からは想像もつかないほどネガティブ思考に。

そんな友人Lほか、これから結婚を控えた私の友人のために
新しくカテゴリを追加。(マリッジブルー語録)
後になってどれほどバカバカしいことで悩んでいたのか笑って
もらうためにも、今日から相談を受けるごとにBlog Upしてみる。

さて、『マリッジブルー』とは?ネットで調べてみると・・・

結婚前に突如不安に襲われ、憂鬱な状態になることをいいます。
マリッジブルーは女性も男性もなるようです。どうやら結婚が決まると
周期的にこの現象が襲ってくるようです。波があるのですね。


なんて優しく書いてある。
まぁ一生に一度(通常は)だし、結婚式当日は自分が一番の主役。
それにドレスなんかも着て、姫気分もあるし、現実的なことを言うと
親、親戚などを喜ばせるなんて名目もあるし、様々なプレッシャー
は確かにある。なのでその日の為に頭を抱えてブルーになることも
あるにはあるとは思う。だからマリッジブルーなんて言葉があるんだろう。

が、しかーし!!
その日をスタートに幾多の苦難を乗り越えて行かねばならない日々が
待っているのだから、ドレスがどーした、何がどーしたとたった1日の
為に思い悩むのバカバカしいだろ。と私は思うのだ。
よっぽど結婚してからのが、思い悩むこと多いんだからさぁ〜。そんな
現実の日々が待っているんだから、結婚式の前は独身を謳歌して、
当日は主役で楽しく過ごしなはれ。もっと気楽に笑ってごらんと思うワケ。

どうも考え込んでしまうようで、今回の友人Lのケース。

彼とどんな式にしようかと話し合っていたら、教会での挙式も良いので
はないかと思い、調べてみたら、カトリックは再婚は挙式がNGで彼が
バツイチなのは理解していたつもりだけど、こんな所でちょっとショックで
彼を傷つけたくないのでショックとは言えなかったけど、夢で十字架が
私に迫ってきて、すごく怖くて気にしている自分にもショックで悪夢だった。
こんなんでこの先やっていけるのか不安になった。


とな。
完璧なマリッジブルーです。ハイ。
私が友人Lに出した処方箋は、

どうしても教会で挙式したいならバレなきゃいいじゃん?
もしくは、教会で挙式しないと幸せになれないのか?ん?


である。
普段の彼女ならこういう思考の持ち主なのだが、完全に病に侵されて
いるために、私に言われるまで気がついていない様子だった。笑
5月の式まであと9ヶ月もあるのに、今後どんなブルーが飛び出すか
楽しみである。戸塚ヨットスクール並みのスパルタ治療ではあるが、
便所スリッパ片手に治療していきたいと思う。

友人Lへ
ブルーになったらすぐ言うように。溜め込んで良い事はありません。
式が終わったら、このカテゴリを2人で読み返して笑おうぜー!!




注:
偉そうに書いておりますが、私こう見えて(見えないけど)一応経験者
の為に言っております。(失敗してますけど。オーホホホ)
posted by Mali at 00:45| Comment(4) | TrackBack(0) | マリッジブルー語録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする