2012年07月23日

ただの愚痴。

kokoroiki.jpg

こころ‐いき【心意気】

1.気だて。心ばえ。特に、さっぱりした気性。
 Ex.)「あの鼠小僧と云う野郎は、第一―が嬉しいや」〈芥川・鼠小僧次郎吉〉

2.物事に積極的に取り組もうとする気構え。意気込み。気概。「―を示す」

3.気どること。つもりになること。
 Ex.) 「艶二郎は役者、女郎などの―にて」〈黄・艶気樺焼〉

4.真実な気持ち。こころね。
 Ex.)「面(つら)で恋はしねえ。―でするといふのス」〈滑・浮世床・二〉

******

最近はそーゆーもんを感じるヤツが減ってるねぇ。
なんていうか、何考えてるのかわかんねぇ輩が多い気がするねぇ。
結局は自分のことだけなんだろうねぇ。
こっちが気働きばっかりしてエライ疲れるっつー結末だねぇ。
情けねぇ。

なんて江戸時代の町民が言いそうな。w(時代劇ファンなもんで)

器がでっかい人間ならあんなこともそんなことも受け入れて、何も思わず
心穏やかでいられるんだろうな。

残念ながら器が小さいのでその境地まで達せられず。。。ただの愚痴を
久しぶりのBlogにアップするという、小者っぷり。w
ごめんちゃいね。

人のフリ見て我がフリ直せ。
ぬぉおおお〜、負けないぜ〜。



posted by Mali at 17:01| Comment(0) | ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

less stuff more happiness

IMG_2487.jpg
かねよから富士山を望む景色


受け取り方は人それぞれなので日本語にするのは難しいけど

『余計なモノを手放せばもっと幸せになれる』

ってとこなのかな。
(英語にもっと詳しい方、バイリンガルの方教えてください〜。)

今の私にとってグッときた言葉。
色々な解釈も出来るし、色々な場面でフィットする言葉。

less nuclear more happiness

とかね。

様々な問題はあると思う。
だけど、このまま原発に頼っていたら、未来の日本は人の住めない国に
なるだけなんじゃないだろうか?

美しい自然がたくさん残るこの国を誰が守るの?
自分の孫のその先の子たちに顔向けできないことを今していていいの?

よくよくよーく考えたら、目先のことだけ考えてて良いワケないよ。
福島も福井もダメになったら、東京なんてイチコロなんだよ。
日本海も太平洋も世界中の海がダメになってしまう。

考えるだけでも、思うだけでも違うでしょ。
自分が出来ることをやることから始めればいいでしょ。
自分だけ良ければそれでいいなんて、そんなの孤独だよ。

みんな繋がってるんだよ。


posted by Mali at 18:53| Comment(0) | ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月15日

旅から得るモノ、旅を通して伝えたいコト。

IMG_5808.jpg

OL時代(死語?w)の遅咲きのサーフィンデビューから、毎年の自分へのご褒美に
一人旅をハワイへ行っていた。

とにかくサーフィンが楽しくて、ハワイでサーフィンがしたい一心で毎年行っていた。
私の英語ときたら上達はしたいもののスーパーテキトー英語で、今から思うとよくもまあ
一人でやってたもんだなと笑いとともに感心する。(今もテキトー英語だけど)
コンドミニアムのランドリースペースで掃除のおじちゃんと毎日話したり、スタバの店員と
話していたことを思い出すけど、みんな女一人で英語もおぼつかない私に優しかった。w

ある年、ひょんなことから『たまにはハワイじゃないとこに行けば?』と友達に提案されて
珍しく違う場所へその友達と行くことになったのがミクロネシア。
これまた今から思うと、横に行けるか行けないかの段階でよくぞ行ったよなと思うけど。
ラッキーにも波が小さかったから楽しかったワケ。一回上陸したけど血もそんなに出なかったし。

そこで運命的なのか?その旅を企画して同行していたのがチェルシー。(夫)
そう、私たち夫婦は旅が出会い。
まるで私をスキーに連れてってじゃないけれど、ゲレンデで出会いました的な。

チェルシーはワールドサファリジャパンを生業としている。私も旅が大好き。
必然的に新しいトリップ先を探し求めたり、サーフガイドとのコミュニケーションのために、
お金を貯めては二人や仲間とトリップに行った。

現在、ワールドサファリジャパンで扱っているトリップはほとんどがチェルシーないしは
私自身が経験してきたトリップ先だ。

サーフポイントの混雑、日頃のストレスやしがらみから逃れ、混雑の無い素晴らしい波に乗る。
その瞬間がその人にとって幸せで、感動に満ち溢れ、笑いが絶えない。そして貴重な休暇が
終わる頃には、活き活きとして少しのりしろが拡がっている自分自身に気づく。


そんな旅のお手伝いをしたいと思っているからこそ、自分たちが行かないと
本当の声をお客様にお伝え出来ないよねって。

ぶっちゃけ、サーフィンの腕前は私の場合、アレなもんでアレなんだけど。w
女子だってサーフトリップ行きたいじゃん。男子だけのモノじゃない。
だからごくごく一般的な女子的感度(むしろ初心者感度)で海にも入って
おりますよ。安心したでしょ?
そりゃあ、ウネリが炸裂した時はわかりませんが、そんな時には信頼できる
サーフガイドがいるので大丈夫。

さらに一番大事な食べ物に関してと、治安に関しては私はかなりうるさい。
人生80年だとして、1日3食としたら死ぬまでに食べる回数は決まっている。
ならば身体が喜ぶ、自分の胃袋が欲するモノを食べようではないか!というのが
私の信条なので、美味しいご飯が食べられるところじゃないと嫌だ!!

さらには、お金を出して休暇を楽しみに行ってるのに危険な目には遭いたくない。
安全に楽しく、それでいて他の人とはちょっと違った旅を経験したい!!
(私、結構海外に行くと保守的です。)

そんな目線からここならば!っていうところを提案しています。
だから決してお値段だけ見ると安くはないけど、サーフガイドをはじめ、たくさんの
人たちの協力と楽しんで行ってねという気持ちだけはお値段以上にこもっている
旅を提案しているつもりです。

旅って日常じゃないから本当に色んなことが新鮮に見えたり、発見があったり
それこそ新しい自分に自分自身が出会ったりもする。
あれ?私、こんなこと出来るんだ!みたいなね。

ましてそれが海外で言葉や文化が違うところなのに、サーフィンという共通言語で
お互いを分かり合えたり、笑顔を交わしたり、その瞬間を共有出来るなんて素晴らしい。

言葉なんて通じなくたって、まさに五感で感じる旅。

赤ちゃんがたくさんの刺激を環境から受けるように、大人の私たちも旅を通して
たくさんの刺激を受けて、自分自身の引き出しが増えたら。そんなの最高〜。

これからも旅の提案とともに私たち自身もたくさんの旅をしたいと思っています。
新しい場所も開拓したいし、何者かに呼ばれるがまま、流れに乗って。
海外であろうと、国内であろうと。

そしてその感動がたくさんの人と共有できたらいいなぁと願っています。



その為にも美しい自然を残したいものですね。
原発再稼動は大反対!!


posted by Mali at 15:45| Comment(0) | ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月12日

live with nature

20120606.jpg
珍玉男先生撮影写真

先週水曜日の夕波はとってもイカつかったけど、自然の美しさを感じた波。
笑顔で乗りこなせる力量はないので冷汗モノだったけど、さっぱり浄化されたなぁ。

この画像を見た時に、雨粒一粒が、風で揺れる海面が寄り集まってウネリとなり
こうやって打ち寄せてくるのかと思ったら、自然の美しさと壮大さを感じて感動した。

波紋のように打ち寄せる波。
こんなにも美しいけれど、恐ろしくもある自然。
やっぱり自然は偉大だ。何者も勝てるもんではないなと。
この世に命を与えられたもの全ては自然に寄り添っていかなくてはいかないなと。
そんな風に素直に心の底から思った。

原発再稼動とか言ってるけど、そうやってまた愚かな人間が同じ過ちを
繰り返すんだろうな。何事にも『絶対』なんてないんだから。
人間も自然に生かされている生き物だってことに気がつかないと、
動物や植物となんら変わりないことに気がつかないと、まずは人類から滅亡?

人類に与えられた知恵を違う方向に使っているので、こうなってんのか?的な
考えに及んだりして。w

個人的な感想ですけれども。。。
原発再稼動は今年の夏、熱中症などでお年寄りが亡くならないためにとか
言ってた馬鹿すぎる議員の、小学生が宿題忘れた時の言い訳みたいな話を
テレビで見た時に、鼻毛が一気に顎まで伸びるかと思ったくらいびっくり。

本当に馬鹿なんだね。
死んでも直らないって言うくらいだからどうしようもないね。
そんな言い訳、もしうちの父親にしたら木刀でぶん殴られてるよ、マジで。





posted by Mali at 00:28| Comment(0) | ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

もんもん。。。

panda.jpg

ゴールデンウィークいかがお過ごしですか?
天気がイマイチでイマイチなお休みになりそうでやだなぁ。
天気が良ければそれだけでいい気分なのにね。

近頃、アタクシはこう見えてもんもんとしております。
なんつーか、自分自身のことなんですけどねぇ。
こんなにもんもんとするの初めてかもしれない。

『サボってはいけない。』

っていうのが結論なんですが。簡単に言っちゃうと。
ほら、楽しい方がいいし、辛いのも嫌なんだけど
だけどそうも言っていられないっていうかね。

ノリや勢いや直感ではどうにもならないこともあるワケで。
地道な努力と自覚が大切なんだというワケで。
ん〜結構そこ弱いとこなんだよねぇと考えつつも現実を突きつけられて
若干ブルー、いや相当ブルー。

まぁ、やるしかないのでやりますよ。
今年は一味違いますよ。地道にコツコツコツコツコツコツ努力しますよ。



内蔵脂肪が減らないって話です。
いや、マジで。





posted by Mali at 19:01| Comment(0) | ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月09日

サクラサク。

sakura.JPG

桜もキレイに咲いてすっかり春に移行しましたね。
でも夜寒いのがまだ不満。。。

なんかしばらくFacebookばかりだったのを反省して今一度Blogを
見直そうと思ったら、リニューアルされていて使いにくいのなんの。
どうなってんじゃこりゃ。みたいなことになっている。。。

寒いの飽きたよーって文句を言い出すと、花粉が飛んで鼻が辛くなり
辛いのもう飽きたよーって文句を言うとようやく桜が咲いて、散ると
暖かくて気持ちの良い季節がやってきて幸せな気分いっぱい。
すると雨ばっかりでジメジメしてやだなーって文句言ってると
夏がやってきて、暑いなマジでー、もう飽きたなーと文句を言うころに
秋がやってきてフルスーツやだなーって文句を言ってると冬になる。
そうするとまた1年が終わっちゃう。

そうだ、文句言うのやめよう。笑

今年は生まれて初めて冬から春へのスイッチの切り替えが上手くいかず
体調不良を感じた。やばい、年だ。。。

やらなくちゃいけないこと、やりたいことがたくさんある。
欲しいものも、行きたいところも。
時間が足りないんじゃないの?
もっと早くから気がついてれば良かった。
そんなこといまさら思っても遅いから、とにかくやらなくちゃ。
いつまでたっても欲の塊。

毎年美しい花を咲かす、ただそれだけ。
その営みを繰り返しているだけ。

でもたくさんの人の心を動かす桜ってすごい。
自然って偉大。

人間ってちっぽけなくせに欲の塊で面倒くさい生き物だ。
でも人間に生まれたからにはそれをまっとうするしかないか。

と、開き直ってみた小春日和。


posted by Mali at 13:40| Comment(0) | ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月02日

春よ来い。

2012-03-02-10.55.14.jpg

我が家の猫もだいぶ開いてきたので春は近い!?
いやいや、キキはただ仰向けになると伸びちゃう猫なだけ。

今日も冷たい雨。
おとといはドカ雪。

もう飽きたんだけど、寒いの。
お腹一杯です。
胃モタレ気味って感じ。

早く春よ来−−−−−い。
でも花粉は飛ばなくてよろしくてよ。





posted by Mali at 11:06| Comment(0) | ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

どぉーーーでもっいいこと。



キャンパスナイトフジって番組に出ていた方々の歌。
超どうでもよくて思わずマジで笑った。

まぁ、どうでもいいことって結構あるよね。
だけどそれが面白かったり、気になったり、こだわりだったり。

人それぞれなのでなんとも言えない。
ワタシ個人の考え方的は結構どうでもいいというかやること
やってりゃいいじゃんみたいなユルいタイプではある方なんだけど。

それでも、心のどこかでというか、もう一人のワタシというのか
直感、第六感とでもいうのかな?

たまにSTOPをかけてくる何者かがいる。

そーゆー声も大切にしましょう。と思う今日このごろ。




posted by Mali at 22:01| Comment(0) | ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月24日

ドタバタ。。。

chelsea.jpg

チェルシー(コーテッド改め)が海外出張中。
金曜夜に帰ってくるけどね。

そんな時に限って予定が多忙。
それはそれでいいのだけれど、毎日予定入ってると
いい加減疲れるね。
そーゆー体力確実になくなっています。

しかも仕事でトラブルとか発生したりして。
家に帰ってコタツに入ると知らない間に寝落ちして。

体力づくりしなおさないとアカンですわ。
運動しなくっちゃー。


posted by Mali at 00:49| Comment(0) | ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

世も末。

色黒おばちゃんの小言かもしれないけど、
今日本当にあった出来事をご報告。

嘘もなければ、脚色もしないよ。

<その1>

母の歯の治療に付き合っていた本日。
治療が終わったのでお昼ご飯を食べようということで
車を駐車場に停めて新横浜プリンスホテルへ。

美味しいお店の勉強不足だったのでとりあえず、
まぁいいかってことで目の前にあったバッフェへ。

別に美味しくもなんともなかったというのが正直なトコロ。
14時終了、14時30分には退席ってルール。
退席までの残り時間40分ってところだったかな。

私たちの席の後方には一人で来た女性客。
年のころは40代後半でショートカットの地味な感じ。

ものすごい量を食べていて、よっぽどお腹すいてるんだなって
思っていた。デザートも平らげ、2500円の料金のもとを
しっかりとってた。

私たちは食事も終了したのでレジ前にて会計待ち。
バッフェスタイルのため各テーブルには番号のついたデカイ伝票。
終了時間も間近なので空いた食器は素早く下げられてた。
だから伝票忘れるなんてあり得ないシチュエーション。

レジで並んでいたら、ススーッと足早に店を出る女性。
あれ?あの大量に食べてた人だ。

く、食い逃げ!?

すかさず店員が伝票を持ってその女性を追いかける。

店員さん:『お客様、お会計はお済でしょうか?』
女性:『忘れちゃったわ、これでお願い。』と5千円札を出す。
店員さん:『こちらでお並びの上お支払いください。』

忘れるってどういうこと?かなり足早だったけど。。。
5千円持ってるなら払えよ、ババア!と思った。
こわー。

<その2>

roadtrafficsign26.jpg

コレ、一方通行のマーク。
コレがあるところは矢印の方向にしか行ったらいけないのよね?そうだよね?

母と別れて、駐車場へ。
車に乗って出口に行こうと左に車を出すとなぜか正面に車。
しかも3台連なって。ベンツだのBMWだののドイツ車が
グイグイ前に出てくるから私は右側に避けるしかなくなった。

ん?ここって両側通行だっけ?
いいや、一方通行だよ。
狭い通路、ある意味、逆走する方が難しそうな駐車場。

見るからに運転ド下手そうなババア3人。
クラクションこそ響いちゃうので鳴らさなかったけど
窓をあけて逆走ですよー!危ないですよー!と
丁寧に怒鳴った。笑

3台のうち真ん中の1台のババアが止まって窓をあけようとした。
最初運転席側あけてたけど、ようやと助手席側をあけて。

私:『逆走してますよ、ここの駐車場一通だから危ないですよ、狭いし。』

ババア:『わかってますよ。わかってます。』

はあ?わかってるだぁ?
いつから確信犯で逆走していい決まりになったんだよ、えぇ?
それで擦られたらたまったもんじゃねぇんだよ。ふざけんじゃねぇ。

と独り言を良いながら、運転のド下手な逆走ババアに関わるのも
イヤなのでとっとと出口へ行きましたが、窓開いてたから聞こえてたかも。

出口にいたガードマンにババアが危ないから見といたほうがいいと
助言をしましたけど。フン。

世も末。
いい大人が率先してマナー違反。
別に警察に捕まるワケじゃないけれどいいの?よくなったの?
電車で隣の席に堂々と荷物置いてる人とかさぁ。

上海万博開催で住民のマナーが悪いから教育してるって
ニュースがやってたけど、日本もやったほうがいいんじゃないの?
おかしいよ。


地獄からヤツがやってくるぞ!!

他人のフリ見て我がフリ直せ。







posted by Mali at 23:14| Comment(0) | ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

ボンドな男。

sho.jpg

ボンドと言ってもジェームス・ボンドじゃなくて接着剤のほう。笑

初雪の降った花金に開催した新年会。
初めましての人もいるし、いつも会う人もいるしなんだかんだと
色々な人と人とのつながりが感じられ、笑顔、笑顔であふれる
とっても楽しい新年会だった。

人物相関図を作ったらきっとその中心にくるのはSHO

オトナコドモの私たちは遊びはサーフィンが主だけど仕事は様々。
自営で頑張っている人からサラリーマンで頑張っている人。
もしかしたら知り合うこともなかったかもしれない人が結び付いてる。
その接着剤になっているのがSHOなのよね。

被災した知り合いが言っていた。
『津波で何もかもなくなった今、金の価値より気持ちの価値が大きい。』

上手く言えないけど、それに似た気持ちを持っているオトナコドモが
集まっているんじゃないかと実は感じてる。

数年前はまだ小さかったFamily Treeは確実に成長している。
どんどん枝を拡げ、鳥の休憩所になったり、木陰になって疲れた人を
癒したり出来る大きな大きな木になるような気がする。

私もボンドな女になれるよう頑張らないとね。

ARIGATO,SHO


posted by Mali at 01:01| Comment(1) | ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

因みにTEPCOちゃんは。

FT.jpg

読売ONLINEのニュースで

■12月21日(水)3時16分配信

<東電、実質国有化…官民で総額2兆円支援へ>

政府は原子力損害賠償支援機構を通じて東京電力の3分の2以上の株式を取得し、
東電を事実上国有化する方向で調整に入った。
支援機構が1兆円を出資し、主力取引行にも総額1兆円の追加融資を求め、
官民で総額2兆円の資金支援をする。福島第一原子力発電所の廃炉費用などがかさみ、
東電が債務超過に陥ることを防ぎ、リストラを強力に進める。
関係者によると、支援機構は20日から、主力取引銀行に対して支援策を提示し始めた。
年明けから本格的な交渉に入り、来年3月のとりまとめを目指す。
取得するのは東電の種類株などになる見通し。既存の株主が持つ普通株と区別することで、
将来、機構の保有分を売却する仕組みが作りやすくなる。


こんなニュースがありました。

本来であれば、本来は倒産→解雇→再雇用で条件を
世間並みにするのが筋のはず。
社員の待遇保護したまま税金ぶっこむ最悪の方法かと。

さらに来年には電気料金値上げって言ってたけど、毎月
支払っている電気代の中には以下のようなものが含まれており。

・社員専用の飲食施設「東友クラブ」、接待用飲食施設「明石倶楽部」の維持管理費
・熱海などに所在する保養所の維持管理費
・女子サッカーチーム「マリーゼ」、東京電力管弦楽団の運営費
・総合グラウンドの維持管理費と減価償却費
・野球やバレーボールなど社内のサークル活動費
・PR施設(渋谷電力館とテプコ浅草館)
・一人当たり年間8万5千円の福利厚生の補助(他産業平均では6万6千円)
・健康保険料の70%負担(他企業の会社負担は50〜60%)
・社員の自社株式の購入奨励金(代金の10%)
年3.5%の財形貯蓄の利子(利子補てんがない企業がほとんど)
年8.5%のリフレッシュ財形貯蓄の利子(制度自体がない企業がほとんど)
・電力と関係のない書籍の購入代金
・業界団体、財団法人への拠出金と出向者の人件費
・原発立地自治体への寄付金
・オール電化PRの広告宣伝費


被曝している人がいて、稼業を潰さざるを得ない人がいて、
住んでいた土地を奪われ、職を奪われ、家族やペットも奪われ、
未来ある子供たちの光をも奪われている人がたくさんたくさんいる。

電気代も値上げ、税金も値上げ。
民主党のマニフェストは全部ひっくり返されてる。

あんだけ騒いだ八ッ場ダム建設継続だって言うし
高速道路は無料って言ってたのに来年1月から値上げでしょ?
消費税も上げるんだってね。



国民だけに負担が強いられる。
こんなことあっていいのー???



posted by Mali at 16:50| Comment(0) | ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本国詐欺集団?



私は原発には反対です。
反対というか要りません。


今すぐ全部廃炉にしてくれ。と思っています。
その為のリスクは負いますよ。
未来の子供たちに安全な場所を残したいから。

強くそう思います。

先日、決定的にこの国が嫌いになる出来事がありました。

平成23年度の固定資産税、都市計画税の
納税通知書が12月上旬に届きました。

通常であれば毎年6月から4期に分けられた払込書
が届くわけです。

なぜ12月なのかというと。。。うちの両親は被災者なので
東日本大震災に伴い課税が延期されていたのです。
(国が勝手に決めた←ここポイント)

そして突然12月上旬に届いた払い込み用紙と一緒に
同封されていた手紙には、

平成23年11月8日付東京都告示第1557号により、延期されて
いた納期限が平成23年12月27日とされたことから、このたび納税
通知書をお届けしたものです。
納期限は、以下の2回です。

 第1回 平成23年12月27日
 第2回 平成24年2月29日

つきましては、同封の納付書により各納期限までに、納付書に
記載の金融機関等にて納付をお願いいたします。


と書いてありました。

はぁ???

納税はいたしますよ。(不愉快だが)
いたしますけど、本来4期に分けてちゃんと支払ってるものを
アンタが勝手に遅らしたのにも関わらず、告示だかなんだか
知らないけど、決まったことなので2期で払えってか?
しかも前触れもなくいきなり手紙を送りつけてきて?
で、納期限に遅れたら延滞金とか言うんだろ?詐欺ですか?

腹立ったので電話しました。

どうせ来年の6月には平成24年度の課税をされるのに、
勝手に延期しといて決まったから2期で払えとはずいぶん
乱暴なことを国はするんですね?と。

勝手にそちらが決めた期限に遅れると当然延滞金が
かかるんですよね?と。

これ、本当に家屋も財産も無くなっちゃった人は払えないと
思いますけど、そういう方にも容赦なく延滞金とかって
余計なお金を支払いさせるんですか?と。

世田谷区の都税事務所の担当者に文句言っても
始まらないけど、なんかすごい乱暴でアコギな国の対応に
正直、この国はなんの補償もないのだと思いました。

担当者の人は申し訳ありませんとは言ってたけれども
謝って欲しいワケでもなく、(まぁ横柄だったらキレるけど)
すごいことするんだなぁとただ国の暴挙にびっくりしました。

あ、でも相談すれば延滞金や追加の手数料もなく
2012年の5月までの分割払いには出来るそうですよ。

担当者の横っつらを金で叩いて支払ったろか。

だけど結局のところ全額払うワケで、免除でなくただの延期。
支払いを先延ばしにして後でまとめて払え、遅れたら金利
つきますよみたいな金貸しみたいな手口。

これ、国ぐるみの詐欺というか、国民から吸い取るだけ吸い取る
というような汚い印象しか持てませんでした。



原発も一部の政治家や電力会社の幹部がおいしい汁を
吸ってるだけ、尻拭いは国民が命とお金で支払うハメに。

こんなの現実でいいんだろうか?
先進国でも全くないね、日本って国は。
特権階級だけが美味しい仕組み。北朝鮮と同じだよ。



posted by Mali at 15:42| Comment(3) | ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

何事も経験。

2011-12-11-15.59.08.jpg

ひざまであったヤブ医者の作った足のギプスも短くなって、
裸足で氷のようになってたつま先も靴下がはけるようになって、
だいぶマシになったけど相変わらず松葉杖のワタシです。

2011年の最後にこんな落とし穴があるとは。
因果応報が座右の銘のワタクシとしては、きっとこれと等しい
ひどいことをワタクシ自身もしていたのかもしれないと反省。
心当たりがあるとすれば、運転中の文句かもしれないわ。笑

ネタには事欠かないこの数日間。
やっぱりワタシには笑いの神様というかコントの神様がついている。
神様っていうより欽ちゃんみたいないたずらな人だろうか。

救急で行ったH田病院は今よくよく考えてみてもおかしかった。
救急で見てくれた先生は外科の人だったので、10万歩譲って
許してやってもいいが、その翌日にわざわざ一人で大汗かいて
行った時に担当したON田とかいうジーさんだけは許せない。

前日に救急で行った時に撮ったレントゲンもろくに見ず、
これは捻挫ですか?と聞いても腫れがひかないとわかんないねー。
湿布はって安静にしてくださいって・・・。腫れが引いたら来いとは?

おーいおいおい、2日間もわざわざ病院行って
看護師さんが湿布はるだけか?寝ぼけてんのか?


しかも実際に家に帰って包帯とったら湿布張ってなかったし!!バカなの?
友人ChiyoTiaからのアドバイスもあり、病院変えた方がいいと
真剣に思い、翌日違うところへ行くことに。

同じくレントゲン撮影(角度も違った)をし、最大限拡大した画像を
先生がしっかり診てくれ、ヒビ入ってるかもしれないねぇと言われた。
でも、もう少し経たないとはっきり見えてこないからそれまでは
ギプスで固定をして腫れがひくまでは湿布はってねと言われた。
そしてまたこの日に来てねと予約もした。

H田病院で看護師さんが作ってくれたビチャビチャに濡れて冷たかった
ふくらはぎまであるギプスも廃棄していただき、先生と看護師さんで
うつ伏せになり、きちんとワタシの足に合った短めのギプスを作ってもらった。

なるべく松葉杖を使ってねと言われたので、新しく松葉杖をレンタル
させてもらったけど、松葉杖まで全然違うんだよね・・・。
ああ、病院変えて本当に良かった。

人生初の松葉杖。
こんなに辛いと思わなかった。やはり何事も経験しないとわからない。
ちょっとした段差や坂が怖いし、人の手助けが本当に嬉しかった。

だって、自宅から100m先のドラッグストアに行くのに10分以上かかって
おまけに汗だくになって、ドラッグストアの狭い通路で店員に後ろ失礼
しまーすって邪魔者扱いされ(遠回りしろよって思ったけどさ)、ババアは
どかないし、危うく松葉杖で暴れるところだった。笑

ボタンを押すタイプの自動ドアのボタンを押して待っててくれる人が
いたりすると本当にありがたいと思った。
今度同じような人を見かけたら絶対に手助けしようと思った。

そして色々助けてくれる姉に感謝。
家事なんか全然出来ないんだもん。

完全に鬼の霍乱中。
ワタシに恨みがある人は今なら相当のダメージを与えられます。
でも治った日にはお礼参りに伺いますけど。おーほほほほ。




posted by Mali at 16:50| Comment(0) | ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

イタオモシロイ。(長文)

子供の頃から本当に痛いと笑っちゃうという厄介なクセがある。
きっと痛いのを忘れようと笑いのアドレナリンが出るのだろう。

コトの発端はこう。

寒い部屋でPC作業をしていたために、足先が冷たくなって
椅子の上で正座をしていた。

背後にある書類棚の上にジジが乗っていて、何かを落として
遊ぼうとしていたのでやめさせるべく、棚から降ろそうと立ち上がった。

そしたら、足が思いっきり痺れていたことに気づかずに、
トゥシューズ履いてるの?バリに全体重を麻痺した左足に
かけながらすってんころりん。

思いのほか右足が痺れていなかったために左足だけ完全無防備。
フルパワーでグネったワケ。

これ、両足麻痺してたら棚に頭をぶつけて額割ってたかもしれない。
今さらながらにブッチャーになってた恐れがある。
ある意味左に傾いて転んで良かった、不幸中の幸い。

しばらくうつぶせのまま、あまりの痛さにのた打ち回ってほふく前進しながら
フローリングからホットカーペットに移動して、恐る恐る靴下脱いでみたら

at_house.jpg

コレ。OMG!

鬼のように寒気はするし、もしや折れているんじゃ?
しかもコーテッドくんは台湾で飲んだくれ始めてる時間だし、
救急車呼ぶほどじゃないから自力で病院行こうと思って
立ち上がろうとしたら、

MAX!イターーーイ!!!!!!!

ゼーゼー言いながら電話で近所の救急外来に電話するも
2件とも整形外科の先生がいない。

そしたら救急相談センターへ電話をすると近所の救急病院を
教えてくれるからと親切な病院のスタッフさんが教えてくれた。

即効電話したら3件の病院を教えてくれて電話をして
とある病院へ頑張って行こうと思ったら、Goodタイミングで姉、帰宅。

痛くて笑っているが、笑い事ではないと訴え、大笑いする姉と共に
とある病院へ。

その間も足は腫れ、歩くのも困難になってきたため、

isu.jpg

いっちょあがり。。。

整形外科の先生がいないので、外科の先生が診てくれることになり
まずはレントゲンを撮りに行くことに。

人生初の車椅子。
完全にドナドナドーナードーナー・・・って気分。
薄ら笑いを浮かべながら(痛いから)。

before_shinsatsu.jpg

足はくるぶし二つみたいになっており、2枚ほどレントゲンをとって
すぐに診察室に通されますからーって言われ、廊下で待つことに。
寒いよー、早くしてよー。

すると、診察室の中がなにやら騒がしい。
救急車呼んで移送しないととか、先生もくっついて行くとか
なんか本当に騒がしいことになっている様子。

看護師さんが、胸の発作が急変している患者さんがいるので
こちらの診察室で待っててねって言ってくれて、他の部屋に
連れて行かれたけど、なんか隣の部屋では緊迫した空気。

after_shinsatu.jpg

その間も足は腫れて、なんだか痛くなってきた。

ようやく先生がやってきた。

『僕、これから隣の患者さんと救急車で病院に行かなくちゃ
いけないので、レントゲンを見た限りでは折れてはいないけど
じん帯損傷や筋断裂ってこともあるので、明日か明後日にまた来て
整形外科の先生に診てもらってください。
今日はとりあえずギプスで固定して安静にね。
あとは看護師さんがやってくれるから〜。』

マジックリン?
(ERIちゃんより拝借)

約15分後、看護師さんが現れ、

gipusu.jpg

こうなって。

matsuba.jpg

人生初のこれ渡された。
取り扱い方は簡単に教えてもらったけど、病院を出て
駐車場に行く間に、よろめいて

『あぁーーーーーっ!!!!!!』

って言いながら、思いっきり直立不動の態勢になり
思わず左足に体重かかって超−−−−痛かった。

家に帰るまで2時間以上。
痛み止めの薬と胃薬と松葉杖で
払ったお金は1万円。

足が痺れてこんなことになるとは。
ジジのバカ。

先週の日曜はうちの兄もゴルフ中にふくらはぎの肉離れ
起こして、病院行ったら筋断裂で全治6週間だったけど。
はて、ここの家族からなんか伝染したのかしら?

台湾のコーテッドくん、怪我にはくれぐれも気をつけて!

まぁ多分、私はひどい捻挫と思われますが、整形外科の
先生に明日か明後日見てもらってきます。。。

ううう。。。


posted by Mali at 00:56| Comment(0) | ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

わんこバカ。

現在、我が家には二匹の猫(ジジとキキ)がいるが、
実は猫を飼うのは彼らが初めて。

それまでは犬との暮らしばかり。
両親の元に二匹の犬がいたので、私たちはあえて猫にした。
それと友達が道路でうずくまっているジジを発見したタイミングでも
あったからなんだけど。

PCのMy Pictureのフォルダにはたくさんの動物写真。
先日行ったかねよ食堂にもたくさんのわんこたちがいた。

DSC_1231.jpg

ねねたん。

DSC_1202.jpg

コタ。

DSC_1254.jpg

マルコ。

みんなたくさんの愛情をもらっているので良い子にしてた。

まぁ、うちの子も良い子なんですけどー。
人ごみに連れて行ったらどうなるかなー?
今度連れていってみようかしら。笑

IMG_8257.jpg

もう亡くなっちゃったけどジョリィ。
最高の笑顔写真がこれ。お気に入り。

IMG_1744.jpg

猫のようにベッタリ甘ったれのアンディ。
ジョリィがいなくなっても相変わらず元気にやってます。

chu.jpg

アンディにはチュッチュを教えたんだけど、写真で見ると
たった2年で巨大化しているのに改めて驚いた。笑える。

自分の家の猫たちの写真もいっぱいあるけど犬たちの写真も
たくさんあって、旅先でも動物の写真を必ず撮ってる。
改めて動物バカの自分に気がつく。

FT.jpg

あ、この会社はどうしようもないただのバカだけど。

無償の愛を教えてくれる動物達に感謝。



posted by Mali at 18:19| Comment(4) | ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

それでも続ける。

WWF JAPANでは、自然エネルギー100%と、原子力発電の段階的な廃止を実現するため、
日本政府に対し「エネルギー基本計画」を変えることを求める署名を募っています。

【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

原発の問題にからみ、自分に出来ることとして署名運動などには
積極的に参加しています。

たくさんの署名が集まっても、それを無視する政治家が多いそうですが、
それでも続けます。

続けることで伝わることを信じて。
継続は力なりであることを信じて。


posted by Mali at 23:02| Comment(0) | ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

スキ、キライ。

ad.jpg

お釈迦様でもあるまいし、まだまだ未熟な修行の身。
好きもあれば嫌いもございます。(威張って言うことでもないけど)

私は比較的お医者さん全般嫌いじゃないけど、コーテッドくんは薬が嫌い。
歯医者さんが大嫌いなも。笑

犬の耳たぶが好き。
猫の肉球をモミモミするのが好き。
おっぱいの匂いのする赤ちゃんが好き。
朝焼けや夕焼けの海が好き。
海と山のある景色が好き。
お日様の匂いのする羽毛布団が好き。
金木犀の匂いが好き。
サーフィンが好き。
旅が好き。




とか、好きをあげるとまだまだ色々出てくる出てくる。

嫌いも結構ある方だけど、とにもかくにも今一番なのが

東京電力が大嫌い。
それを野放しにしている日本政府も大嫌い。
金目当てのメディアも大嫌い。


美しい自然でいっぱいだからという点が気に入って
移住した両親のいる福島県。

さすがに年齢的に言えば妊婦さんや子供たちレベルの被曝は
心配ないのかもしれない。

でもね、大好きな家族なワケ。
その家族が被曝してる。
それが平気なほど私はドライじゃない。

お偉いさんたちに聞きたい。
アンタたちの家族や友達に福島にいる人はいないの?
自分の立場に置き換えて考えたら?

それがわからないなら死ねって言いたいのが本音。
オラオラ言いたいですわ、マジで。



posted by Mali at 18:12| Comment(0) | ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

旅。

IMG_6951.jpg

帰国後、初の週末。
なんだかドタバタしてる間にあっちゅー間に日々過ぎていく。
日が経つにつれ、脱皮も始まってきちゃない。。。

変わらぬ日常に戻った。

仕事、家事、見過ごせない放射能のこと。
嬉しいこともあれば、そうじゃないこともある。

旅の最中は曜日も日にちも日常のことも、
何も気にせずただ毎日を過ごしていた。

自然と頭の中から消えてしまっていた。
不謹慎かもしれないけど。

今の自分がいる環境とは全く違う環境に
例え短い期間であっても、身を置くことは
私個人は良いことだと思ってる。

今、この国は疑心暗鬼に溢れていて
おびただしい情報の中に嘘や真実が混在していて
自分ではわからないうちに追い詰められているのかも。

そんないっぱいいっぱいの自分を解き放って
自然に身を委ねて緊張を緩める。
深い深い深呼吸。

無くなりかけてた心の"のりしろ"が戻った感じ。
旅に感謝。



posted by Mali at 01:28| Comment(0) | ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月10日

タイセツナモノ。

bougie.jpg

今、あなたたちは火をともしました。
その火は消えることがあってはなりません。
あなたたち二人は今、愛と理解と、
人生の哲理を表わす火を手にしています。
火は、熱を、食事を、温もりを、
そして幸せを与えてくれます。
この新しくともされた火は、
新たな始まりを意味しています。
新しい人生と、新しい家族を。
その火は燃えつづけなくてはなりません。
それはあなたたち二人が一緒に居つづけるということです。
年老いて離ればなれになるまで、
あなたたち二人は一生火をともしていくのです。

******

これはネイティブアメリカンのナバホ族が結婚式の儀式の時に
使用していたものらしく、年代は不詳。

私はネイティブアメリカンの文化が好きなのだけど、その中でも
一番好きな詩がコレ。

題材としては結婚式の新郎新婦への言葉だけれども
色んなシチュエーションにも応用可。笑

大切な友達たちに捧げたいなと思った、夏の日です。はい。


posted by Mali at 13:08| Comment(2) | ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする