2016年04月01日

真実を知ること。

IMG_9334.JPG

先日のBlogでガツーンとトンカチで頭を殴られたような衝撃を受けた白内障事件w
高校時代のお友達の旦那さんが眼科の先生で、心配だったら一度おいで!と声をかけてくれたので早速行ってきた。(結構こう見えて心配性w)

とても大きくて綺麗な病院で、スタッフの皆さんも親切丁寧。
しっかり検査や検眼、そして診察をしていただいたところ、

心配ないよ、なんともない。

と先生。

え?すっごい脅かされたんですけど!!

と言ったら、

心配ないない、濁ってないし視力も取れてる。
白内障はね、もっと年とったら誰でもなんの。
今から心配することなんて全然ない。


安心とともに、セカンドオピニオンの大切さを身を持って経験しました。
(くそぉ、なんだったんだよ、めっちゃ心配したじゃんかよ。次の予約までさせやがって保険の点数稼ぎかこんにゃろう)とブツブツ言いたくなったというか言ってた。w

菊地眼科クリニック非常におすすめの病院です。
行った甲斐がありました。だって、目のことなんて詳しくわからないし
自分の目の水晶体がどうなってるかなんて、見えるかーーーい!!!

といっても紫外線は怖いので、タモリになります。そしてコンタクトもしよう。
ちなみにコンタクトもこちらの病院で購入できます。あら便利。

昭和世代の私たち。
先生神話っていうのが根強く刷り込まれていて、先生の言うことに間違いはないとか
病院が嘘つくわけないとか、そういうフィルターをかけて物事を受け止めてしまうクセ。
あると思いません?

患者でもあるけど、お客さんでもあるワケですよ。
そこは真摯に対応してくれるドクターを探すべきなんですよね。
保険の点数稼ぎとかじゃなくてさ。

ああ、本当に行ってよかった。
声をかけてくれて本当にありがとう。

今回の経験は、私にとって非常に意味のある経験でした。
ドクターではないけど、セラピストという職業でもある。
セラピストはドクターではないけれど、人の身体に触れる職業。

世知辛い世の中、身体も疲れれば、心も疲れる。
私は、耳という箇所にスポットを当てた施術を行う。
深く深く学び続けなくてはいけないと思った。

耳つぼと調べれば、ダイエットや美容に特化したことがたくさん出てくる。
でもねぇ、はっきり言うよ。

シール貼っただけで痩せたら、世の中にデブいねえから。

私の施術は、自分が本来持っている力を呼び覚ます手伝いをするもの。
耳のつぼを刺激して持ってるチカラを活性化する。それには本人の努力も必要なワケ。
ダイエットでいえば、なぜ太ったのか?代謝が落ちてるのか?食べ過ぎなのか?
人によって理由は様々。

痩せるつぼ貼ってください。って言う人いるけど、その理由はなんだ?考えたのか?
自分の行動を思い起こしてほしい。どうして太ったのか。

テストでいい点数が取りたいから、教科書を枕の下にしいて寝る!みたいな睡眠学習なんて、効果あると思う?

それと一緒。
耳つぼの施術を行っている団体や協会はたくさんあります。
でも、どこまで深く身体を知り、学び、施術をしているのか、またそのようなモノなのかどうかは施術を受けたりすれば一目瞭然なワケ。

私は、自分の選択は間違っていなかったなぁと自信を持って言える。
その代わり、深い深い身体の不思議をさらに学び続けないといけない。
でもね、それがすっごく楽しい。

家族や大切な人たちといつまでも元気に笑っていたいじゃん。
今日から4月、また心新たに精進しよう〜♪





【ひとりごと。の最新記事】
posted by Mali at 14:13| Comment(0) | ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。