2017年09月27日

はぁ。

21463010_10155042503827843_136223567432956436_n.jpg

骨折から25日が経ちました。
この間にも色々とマンガみたいなことが起こっています。
なんだろうねぇ、この面白い感じ。。。笑

一番の出来事は医療業界の闇を見たってことかなぁ。
以下参照

超音波骨折治療法を施している。
ほぼ毎日通院してコレを受けているワケ。

当初、私の怪我はすぐにオペをしてボルトとプレートで鎖骨を固定し、骨が形成されたのちにボルトとプレートを摘出するオペを10ヶ月から1年経ったら再びやると。当然その間のサーフィンや雪山は禁止。リハビリも同時にやり、日常生活や仕事ができるようにすると。当然、落ち込んだ。整備不良の自転車のせいでメチャクチャだ。でも早く治すためにはそうするしかない。

しかしオペの前日、主治医から電話があり、オペはしないで保存療法に変更しようと言われた。理由は、骨折はしているけど脱臼や靭帯、筋肉は傷んでないのでオペによって残る後遺症のリスクのが高いから、上手く保存をしながら超音波骨折治療法を用いて骨が癒合するのを早めようということだった。

主治医が私のレントゲンを見せて色んな先生とミーティングしてくれたらしいのだ。そのことも嬉しかったし、オペをしないで済むことも正直ホッとした。1年以上もサーフィンも雪山もダメなんて耐えられない。仕事だってすぐに再開したい。
自分自身の再生能力を信じてそうすることにした。例え三角巾の罰ゲームになろうとも。笑

骨折の経過と超音波治療の説明の為に病院に行った時にまた事件が起きる。
主治医が悪いワケじゃない。医療機器メーカーがクソなのだ。

主治医の所属する病院での超音波治療法は、機器をレンタルして自宅にて治療をするもの。
私の目の前でメーカーに電話をして、機器レンタルの件を話したので嘘偽りはない。

メーカーの担当者は、オペをしている患者には保険適用価格で3ヶ月間のレンタルが認められるが、オペをしていない患者には3ヶ月経ってからなら保険適用するが、そうでない場合は実費負担だと言う。

実費負担の場合の金額を聞いたら、125,000円と消費税。3ヶ月間レンタルの金額。さらに延長する場合はまた、125,000円と消費税がかかるらしい。

はぁ???
保険適用だとしても37,500円と消費税がかかるワケだけど、怪我人の足下を見た回答にメチャクチャ腹が立った。実費負担のふざけた金額にも腹が立つが、オペをしてない患者は難易性と認められないので3ヶ月経ってからって‼︎ その間黙って大人しくしてろって言うの⁈イヤなら実費負担でどうぞってことでしょ?

主治医に文句言っても何も変わらない。先生も申し訳ないと言っていた。謝られても骨折は治らない。それに先生が悪いワケじゃない。
骨折で困っている患者に、機器を逆手に殿様商売をしている医療機器メーカーがクソなのだ。
とにかく早く治したいので、別の病院で通いで超音波治療法を出来る病院を片っ端から探して、ラッキーにも2軒目で発見。

で、ほぼ毎日超音波治療のために通院している。治療費は一回320円。骨が出来るまで3ヶ月と言われているが、1ヶ月20日間通って6,400円×3ヶ月=19,200円。単純計算でも通いのがお得のはず。交通費とかもかかるけど。
もともと見てくれている主治医のところにもリハビリの相談もあるので通う。
後は医食同源と運動と血流で治してやる。


みたいなことも起きて〜
毎日せっせと超音波を照射しに病院通ってるワケですよ。
バス乗りまくって、歩き回ってさ〜。

今週から本格的にリハビリも始まります。
使えない右腕周りの筋肉が硬直しちゃってかなり辛い。
肩甲骨や僧帽筋、三角筋やらなんだかしびれてる感じがする。
どこかを故障すると繋がっている人体は他のところにも不具合が出る。

本当に困る。
困ると言えば、鋼のメンタルの私でも辛いことがある。

施術ができないこと。

これが一番辛い。
こんなにも私は施術がスキだったんだってことを発見できたのは
私自身にとって良かったことではあるんだけど、施術をお待たせしてる
ことが何においても申し訳ない、かつ自分自身が情けない。

これはもしかしたら神様がくれたお休みなのかもしれないと
言ってもらったり、考えたりもするけれど、怒涛のごとく走ってきた
私にとって今回のこのスタックはかなり精神的にもキツイ。

夢に見るくらいだからよっぽどだわ。。。
ああ、早く復活したいよ。
お願い、骨早くくっついて!!


posted by Mali at 14:46| Comment(0) | ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

衝撃のできごと。

20170908.jpg

まあなんとなく前から気がついていたことなんだけど
私の人生って結構マンガみたいなことが起きることになっている。

ここ半年くらい仕事中心の日々を送っていて、確かに休みもなく
ギリギリ綱渡りをしながら毎日を過ごすような状態だった。
って言っても、それはそれで受け入れていたことだしイヤな訳じゃなかった。
ただ、今になって考えてみると休むのが怖かったのかもしれない。

物理的に仕事を休むしかない状況にならない限り、多分休んでない。
なんだかんだと予定を入れてやっていたに違いない。
そこでマンガみたいに物理的に休まざるを得ない状況になった。

骨折。

しかも利き手の鎖骨。
手首の次に大事なところ。
そこが折れたら、気合いでも無理。

借りた自転車の整備不良で激しく転倒。
そこからマンガが始まるワケだが、詳細は割愛するけど
最初に行った病院で撮ったレントゲンでは異常なし。
なんか不安を覚えたので再度地元の病院に行ってみたら、折れてた。

大昔フラッグフットボールを男女ミックスチームでやっていた時に
ワイドレシーバーのポジションで、男子QBからのショートパスを
キャッチする時にしくじって親指の根本を粉砕骨折したことしかない。
(アタシ女なのにそんな強い球投げないでよーーー!!ってなったよね。笑)
それも粉砕骨折でちょっとだけだったから何もしないで、アイシングだけで
治ったからね。

初めての本格的な骨折。
結構いろいろミラクルが起きている。
良い意味でも悪い意味でも。いや、よく考えると良い意味しかないのかも。
そのミラクル度合は書ける時が来たら書こうと思う。

しばし安静が続く日々。
ちょっと安静の定義がわからないのが私の今の困ったこと。笑
でも幸いにもそれはダメって怒ってくれる人がいるので、いちいち聞いてます。
みんなありがとう。

しかし、ご心配やご迷惑をかけた皆様には本当に申し訳ないです。
本当に本当に本当にごめんなさい。
ご理解いただける皆様に出会えたことは、本当に私の宝です。
必ず復活します。それまでご迷惑をおかけしますが待っててください。

神様と死んだおばあちゃんからの休暇だと思って
しっかり傷を治そうと思います。
私は守られているんだなぁ。。。ありがとう。





posted by Mali at 11:23| Comment(0) | ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする