2017年03月21日

野球というスポーツ

IMG_0180.JPG

父親が大の巨人ファンだった(今も)。
子どもにチャンネル権などもちろんない時代。
ペナントレースが始まると毎晩野球。
4月から10月くらいまでの間、毎晩野球。

本を読んでおけば良かったとあの頃の私に教えたいが、
実際は一緒になって野球を見て必然的に詳しくなる。笑
初めて硬球を手にした時に、コツンと頭に当てたら
物凄く痛くてコレ、石じゃんと思った。

そんな石みたいなものを投げたり捕ったり、木の棒で打ったりするなんて
なんてすごいんだと思ってた。
もちろん今でも思ってる。

しかしながら、昨今はあまり野球人気はないようで。
プロ野球のナイター中継もゴールデンタイムから姿を
消しつつあり、なんだか寂しい。

親元を離れてからナイターを見ることが激減したので、必然的に
詳しいことがわからなくなってくる。
今やさっぱりわからない。選手のこととかね。

久しぶりにWBCを見ていたらふとそんなことを思ってみたり。
スポーツ中継は、精鋭中の精鋭が真剣勝負をしているからスキだ。
真剣のぶつかり合いは色んなことを生み出すし。

っておばちゃんの小言みたいになっちゃったな〜〜笑


posted by Mali at 00:54| Comment(0) | ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする