2015年07月09日

高齢者と行くハワイ旅行 -最後に-

DSCN53201.jpg
ホテルのロビーで記念撮影


愛のある言葉を発するために朝から顔面が引きつる。w
いやいや、そんなことではいけないせっかく家族でハワイ旅行が出来たんだから。
と葛藤を抱えながらも、無事に飛行機に乗る日を迎えたことに感謝。

前日にレンタカーも返却したし、あとは送迎の車に乗って空港へ行くだけ。
いつもだと空港からレンタカーを借りるけれど、今回は高齢者をレンタカー会社の車に乗せて〜、荷物載せ替えて〜とかが、すっごく面倒臭かったので空港間の送迎は別で頼んでいた。


これ、正解でした。


ハイアットリージェンシーの中のレンタカー営業所で借りたので、ピックアップも返却も荷物を抱えずに出来るので非常に楽。借りる時もホテルにチェックインしてから身軽になってすればいいし、返却も出発の前日にしちゃうので、出発当日のアタフタがなくなる。
ネットで空港〜ホテル間の往復送迎を頼んでおけば良いだけなのでこれはおススメ。

ホノルル空港はチェックインカウンターに日本人がいるから楽だよねぇ。
荷物もカウンターで渡しちゃうから本当に楽。
ロスとかだと自分でX線通しに行ったりしなくちゃいけないから高齢者には無理。
よほど旅慣れているもしくは環境に適応できる以外は厳しいだろうなぁ。日本て便利だからね。

DSCN5321.JPG

快適なフライトを終え、成田に到着。
高齢者の皆様にはお迎えのお車が用意されていましたので、とっとと車に乗って帰って行きました。

まあ、やっぱり早く帰りたかったんだろうね。
ハワイにいた時は足が痛いよ〜もう歩き疲れたよ〜遠いよ〜って泣き言いってたのに、成田に着いて飛行機から降りた瞬間猛烈なスピードで歩いてる。

歩けるんかい!?

って思ったけどさ。やっぱり気持ちの問題なんだよね、高齢者だから。
そんなに焦らなくても帰れるよ。。。って言ってももはや聞いてないからね。
私も姉も終わりよければ全てよしって思って、父にお礼を言いました。
今回のハワイ旅行、色々ありがとう。お疲れ様でした。って二人揃って。

シカト

だったけど。w
このクソオヤジだけはよぉ〜って帰りの車で文句言いまくったけど(愛のある言葉を忘れて)。

いや、クソオヤジだけど感謝はしています。
だって何不自由なく育ててもらったし、死ね!って思ったことも今まで数知れないくらいあったけど、やはり父がいたからこそのうちの家族ですからね。

古き良き大黒柱だったんです。それは本当に心の底からそう思う。
父がいなかったら私はいないし、あの父の下に生まれてきてよかったと思っています。だから出来る限りの恩返しはしたいと思ってる。

ただねぇ、まだ素直じゃないっていうかプライドがあるだけマシとも言うのかもしれないけど、子供って何歳になろうが子供なんですよね。私なんて末っ子だから、感覚としてはまだまだ10代くらいに思っているんじゃないかな。(とっくに40代なのにw)

だから私の言うことなんか聞かねぇけど。w

万が一、今度は家族全員で行きたいとか言い出した時には絶対に兄とチェルシーには参加してもらいましょう。そうすればもう少し楽に旅を楽しめるはずだから。男の言うことは聞くはず(多分)。
姉は留守番してるって言ってたけど、そんなもん許すかいな。強制参加じゃ。

思いのほか、両親が年をとったことに気が付いてしまった旅行でもあって、それは私にとっては少し寂しい気持ちにもなったけど、こういうのってきっと順番なんだなぁって思ったり。
自分が若いころは、親が年をとることに実感がなかったけど、自分自身も年をとってるのと同じように親も年をとっているんだと再認識した旅でした。

当たり前のことなんだけど、実感するのって大切でもあり、ショックでもあるよね。
言葉にするのが少々難しいんだけど、人間みんなが通る道なんだということなのかな。
愛のある言葉を心掛けよう。出来るところから。w

ドタバタハワイ旅行記、ようやく終了です。
くだらないことだらけでごめんあそばせ♪
あんまり他の人に参考にならないと思うけど。w

長いことお付き合いいただきありがとうございました。

おしまい。





posted by Mali at 09:00| Comment(1) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月08日

高齢者と行くハワイ旅行 -その7-

DSCN5305.JPG
朝からダブルレインボー

6日目。
朝からパールハーバーへのツアーに参加。
さすが日本人なので出発時間に遅れもなくスタート。

ベースに着くと長蛇の列。
日本人は全体の1割にも満たないけれど、ものすごい数の観光客がパールハーバーに集まっていた。
ベースに行く車の中で運転手兼ガイドさんが、このベースを見学に来るほとんどのアメリカ人が国防費の1/3を使っている所はどんなもんだ?みたいなことで見ることが多いと言っていました。
実際、アメリカ人が本当に多いのが印象的。

このツアーでは、戦艦ミズーリと日本軍に撃沈された戦艦アリゾナ、そして零戦の復刻が展示されている飛行機の博物館など、早朝から半日かけて結構な規模でいろいろと見学をする。
日本の海洋実習船を沈めたアメリカの潜水艦も展示されていたが、そちらは国民感情の問題で見学することは出来なかった。

DSCN5312.JPG

全部見て回ったけど、私が正直に感じたことは


戦争ってちっとも終わってない


ということだった。
今も世界のどこかで誰かが殺されていて、日本も戦争に向かおうとしている。地球上を観察できるレーダーが配備され、それぞれの国がけん制し合って、国民には詳しい情報なんて流れてこないけど、いつの世も政治家が自分のエゴで戦争を始めようとしている。

本当、人間て愚かな生き物だよね。

自分もそうだけど、嫌になるよ。
日本以外の目線で見る太平洋戦争や、今の状況なんかを考えるには行ってよかったと思えるツアーだった。

1回でいいけど。

見ないよりは1回行った方がいいし、1回行けば本当に充分だと思う。
加害者の立場で戦艦アリゾナとかを見るのもなんか辛い気持ちにもなったんだよね。
戦争って加害者も被害者もなく全員が被害者だからこそ、起こしたらいけないって私は思った。

早朝からのツアーはお昼過ぎには終了で、ホテルに戻る。
朝っぱらからガッツリ歩くので、高齢者でなくても結構疲れる。
そんなワケで、みなさん一旦お昼寝と明日の帰国に備えて荷物のパッキング。

私は自由時間を得たので、お友達のおうちに行ったりして最後の晩餐in義経レストランまでの時間をのんびり過ごさせてもらいました。
こーゆーのが本来のハワイだろう・・・と思ってたけど。

晩御飯は18時から。
明日には帰国の飛行機に乗るってことが内心嬉しい高齢者のみなさん。
前日のハイテンションとは打って変わって、疲れの色が顔色に見える。
明日は帰れるねぇ〜なんてちょっと安心したように言ってるみなさん。
私も同感です。。。w

夕食の後、私はようやく会う約束が出来たMermaid Cove Spaのりいこちゃんのサロンへ一人でお出かけ。

IMG_5695.JPG

窓の外からはダイヤモンドヘッドばばーん!!のロケーションのこちらのサロン。
重要ポイントは『おひとりさま専用』ってことです。

おひとりさまがすごく大事。
なぜならば、ハワイに来るってことは
・友達と
・家族と
・恋人と
・ひとりで
など、いろいろなシチュエーションが考えられますな。
滞在中誰かと常に一緒にいなければいけない。だけど一人の時間も欲しくならない?(特に今回のアタシとかw)そういう人のためのおひとりさま専用サロンなワケです。

ムキーとなったり、幻滅したり、旅って人それぞれのリズムが現れる。
愛し合ってる二人でも初めての旅行となると色々ペースにズレが出たりもする。そんな時にささくれ立つ前にこのサロンで気持ちを緩めてもらいましょうよ。

IMG_5696.JPG

りいこちゃんの施術は本当にナチュラルパワー全開で、私なんてすぐ爆睡。w
爆睡した後にりいこちゃんに促されてオラクルカードで遊んでみました。今の私に必要な言葉を教えてくださいなぁ〜って念じながら。

IMG_5697.JPG
出てきたカードは『Speak with Love』

鳥肌立ったよ。こえーーーーーって叫んじゃったしw
そう、私の言葉には愛が足りないって!!
高齢者の方々への言葉にどうやら愛が足りなかったようです。
本当かー?我慢したんだけどなー。でもきっと身内にはキツイ言葉を発していたのは自覚ある。。。

そんなお言葉をいただいたハワイ最後の夜。
もうちょっと早く教えてくれてればいいのにさ。www

りいこちゃんとの久しぶりの再会を果たした夜。
そっか言葉に愛が足りないのか・・。←意外と気にするタイプ。

つづく。



posted by Mali at 09:00| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月07日

高齢者と行くハワイ旅行 -その6-

さて5日目。
この日はじーさんたち2回目のゴルフ。
早朝に送り出し、残った母と姉でもう一度ホールフーズへお土産を買いに。
やはり、チョコレートのお土産ではよろしくない方や自分自身にオーガニックの色んなモノが欲しい場合は、じーさんたちとは別行動できる日に来ないといけませんわよね。

ゆっくり買えねぇから。

まあこの日まで、私自身のこめかみの十字は常に浮かび上がっていましたが、喧嘩をせぬよう細心の注意と我慢を続けた結果、かなり綱渡りではあったけどギリギリ親子喧嘩にならずに済んできました。
ハワイ通の戦力のおじさまをはじめ、ハワイ情報については戦力外の姉が心のケアをしてくれたおかげとも言えよう。

私一人だったら間違いなく大喧嘩だったろうね。
しかも殴り合いとかになってる可能性は高かった。
ハワイまで来てそれもやりたくないし、気持ちの切り替えが相当できない父がキレたら母が可哀想だしね。
いやー、ほんと良かった良かった。

しかしまだ2日ある。油断はできない。

買い物の途中にリムジン予約の会社から電話があり、予約は確保。
ただ、なんでこうこの会社の日本人の女の態度って悪いんだろうね。絶対に謝らないし、早口で言いたいことだけ言いまくってガチャと電話を切るんだけど、こっちの聞きたいことには曖昧な答え。なめてんの?ただでさえイライラ毎日してんのにキレさせるんじゃねぇよ。。。

ハワイでのオプショナルツアーは突然申し込んだところばかり。
高齢者の方々の体調も考えると、前もって予定を詰め込むとキャンセルになったり、不測の事態が考えられる。その日の朝の営業時間開始とともに電話をしたり、メールをしたりとドタバタで予約を取ったワケだけどとても丁寧で安心な対応をしてくれたのは、Lea Lea Hawaiiの方々でした。

HISが元会社でチェルシーの競合会社ではあるけれども、やっぱりちゃんとしてたよ。電話で問い合わせしてもきちんと折り返しますとすぐ対応してくれるし。VIPツアーなんて電話のお待たせ音もなく10分以上待たされたので切ってやった。バウチャーの引き取りもロイヤルハワイアンでもマリオットでもスムーズに出来たし、待ち合わせ時間なんかもきちんと時間通りで、本当にちゃんとしてた。

旅先での不安を取り除くということってとても大事だし、きちんと対応してくれるのは信頼に直結するよね。いろいろと勉強になりました。

DSCN5283.JPG

さて夕方16時からリムジンに乗って、オアフ島の観光へ全員で出発。
元々頼んでいたのは普通のリンカーンのリムジンに日本語ガイド。
しかし急な予約だったので、現れたのはハマーのリムジン!!と片言の日本語ガイドさん。

事前にガイドが日本語話せないっていうのは聞いていたので、帰国間際のMちゃんにいろいろサポートしてもらってドライブコースやハワイの歴史なんかはある程度頭の中にインプット。
私のつたない英語でも、ドライバーさんはインド人だったのでお互い母国語じゃないもんだから、割と意志の疎通は取れたりしてね。結果オーライでした。

DSCN5285.JPG

このリムジンツアー、今回の旅行で一番の盛り上がり。
この木なんの木気になる木〜♪

DSCN5287.JPG
はしゃぐ高齢者。

でっかい木とかスキだから見せると喜ぶ、喜ぶ。

DSCN5295.JPG

歴史的なものを見せるのもツボだったらしい。

DSCN5300.JPG

こういうのも忘れずに。
いやーかなりのテンションアップに、私もちょっと嬉しかった。
ちょっと時間を余らせたけど、みんなもう腹減ったーと大合唱だったので、レストランまで送ってもらってちょうど良かったし。この日のレストラン?

日本食ですけど。

義経レストランに行きました。
またねぇ、ここが高齢者の皆さんにはツボだったみたいでさらにテンションアップ!!!!!!!
普通に焼き魚とかお豆腐とか美味しかったみたい。なんなら毎日ここでいいってくらい。

食事中、ハワイ通の戦力のおじさまが、
『今回はマリちゃんのおかげだねぇ〜お礼言った方がいいですよ。』なんてヨイショしてくれつつ、父に話しかけたら
『そんな必要ない。』って言ってたけど。

イラッ

としたけど、流してやったよ。
やっぱりさ、年をとってもオヤジってプライドがあってさ、ましてやウチのオヤジに関しては男尊女卑で封建制度でいつまでたっても自分が中心なもんだから、娘に(しかも末娘に)ありがとうなんざ口が裂けても言えないワケよ。そのくせ娘にはお礼とか挨拶とかを強要すんだけど。

素直じゃない。

の塊みたいなオヤジだからさ。ムカつくけどもう今さらそんなことを言ったところで聞く耳も持っていないだろうし、喧嘩になるのが分かり切っているので気にしない。
っていうか自分にもその遺伝子が流れているワケだから、そんな風にならないようにしなくちゃと姉と語ったよ。可愛げのないばーさんにはなりたくないよねぇ。

そんな感じで旅の終わりが近づくと同時に、私自身もいろいろと悟るようになったワケ。
いやーただの荒行かと思っていたけど、旅ってどんな時も学びがあるねぇ。
だから旅ってやめられないよねぇ。

つづく。










posted by Mali at 09:00| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

高齢者と行くハワイ旅行 -その5-

さて4日目。
この日は早朝からまたもやMちゃんとサーフィン。
前日ゴルフもやってるし、この日は夕方からサンセットディナークルーズにも出かける予定になっていたので、のんびりしたいと言ってくれたのでラッキー♪
ハワイに来て、海に入らないなんてあり得ないじゃない!!

じーさんたちもなんとなくペースをつかめてきたので、ランチはせっかくハワイに来たんだからとチーズバーガーインパラダイスへ。

IMG_5607.JPG

ちょうど全米オープンがテレビでやってて、それに夢中だったけど。
松山がうつらんなーとぼやいてたけど、当たり前です。アメリカのテレビです。

その後は腹ごなしに、DFSやロイヤルハワイアンショッピングセンターでお土産を買うツアー。なんとしてでも今日買っておきなさいという指令に従い、どんだけチョコ買うのさという勢いでお土産を買っていました。

IMG_5614.JPG

夕方からはサンセットディナークルーズ。
あれは高齢者には最高のツアーだね、バスで送迎してくれるし景色もいいし。
クルーもとっても楽しませてくれるし、初めてのハワイには最高のツアー。

IMG_0102.JPG

ロブスターも美味しかったよ。蟹と一緒で会話が途中なくなるけど。
27ドルもする写真もやっぱり撮ったけど、あれはあれでアリ。
船で食事なんてなかなかしない人にはあの一体感と楽しい時間はアリだよね。

1回でいいけど。

ここへ来て、父がリムジンに乗りたい。パールハーバーへ行きたいと言い出した。
はいはい、わかりましたと予約をするも返事が来ない。
どうする?私。どうなる?私。

不安は夜は更けていった。

つづく。


posted by Mali at 09:00| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月05日

高齢者と行くハワイ旅行 -その4-

3日目の朝。
早朝にじーさんたちをゴルフに行かせ、この日の午前中はフリー。
前々から予約をしていたマカハのとある場所へ。

DSCN5279.JPG
海も山も最高の景色

こちらで母と姉と束の間の癒しを。
最高のロミロミが受けられる朱いハイビスカスはおススメです。

今回、じーさんたちのゴルフ場をセレクトするにあたり、ご協力いただいたN様本当にありがとうございました。大満足のプレイだったようです。

スループレイのハワイ。
午後になると帰ってきちゃうってことで、急いで帰ったらすでに帰宅済。
あいつらいつ帰ってくるんだと騒いでいた父でしたが、戦力の方のおかげでご機嫌ナナメになることもなく事なきを得てリフレッシュ完了。

やっぱり疲れてたみたいなので、Mermaid Cove Spaのりいこちゃんに出張マッサージをお願いして、じーさん4人を骨抜きにしてもらっている間に、私はようやく、ようやく海へ!!

日本から弾丸スケジュールで来ていたMちゃんと待ち合わせをしていざ。
今回本当に、Mちゃんや板を貸してくれたMちゃん、一緒に楽しんだRちゃんにはお世話になりました。みんなのおかげでささくれ立った私の心は本当にハッピー♪本当に本当にありがとう。

IMG_5580.JPG
世界一ジェントルな波Queens

スウェルも入っていたので、セットはイカつい5-7ft。
それでも喰らわなければ楽しい楽しいFun SURFを日暮れまで楽しむことが出来た。
いやーマジで浄化した。海って最高!!って思って部屋に戻ると置き手紙が。

踊り子にいます。

また日本食ーーーーー???
シャワーを浴びて駆けつけるとまたうどん食べてた。
私は海で浄化され、お腹もぺこぺこだったのでかつ丼食べてやったぜ。


ハムカツだったけど。。。


あれはかつ丼とは言えない。だってハムだもん。
心地よい疲れとともに心地よい眠りにつくはずだったけど、前日の夜から壊滅的にうるさい姉のイビキで私はこの旅、ソファで寝起き。

まあ、寝心地はそこまで悪くないから良かったけどさ。
疲れは取れないよな。

つづく。




posted by Mali at 09:00| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月04日

高齢者と行くハワイ旅行 -その3-

IMG_0197.JPG
ラナイで鳩が卵産んでた時点で穏やかじゃないけどな

穏やかな2日目の朝。
のはずでしたが、流血事件から始まりました。

そう、もうかれこれ2日間くらいの勢いで飲み続けているじーさん。
夜中にトイレに起きようと立ち上がった時に、ベッドのシーツに足をとられてベッド脇のサイドテーブルに顔面強打。
眉毛の横をパックリ切りました。。。

幸い縫うほどではなかったので、病院の心配もいらず事なきを得たのですが。
先が思いやられるではないか。
朝から私に説教されるじーさん。
オロナイン縫っとけば治るわよと母にオロナイン軟膏を塗られる。(←ここらへんがもう昭和w)

そして全員で青い海と空を見ながらブレックファースト。
昨日買ってきた盛りだくさんのフルーツとパンとサラダをのんびり。

うさぎみたいなごはんだな。

というウチの父の空気の読めない一言に、ややこめかみに十字が浮かび上がったのは言うまでもありませんが、ここは我慢。

出されたもんは黙って食え

って言って育てたのはお前だったよな?と昔話をしても仕方がないので、カロリー取りすぎちゃうからねぇ朝は軽くにしとこうねぇと受け流す。
飲みすぎ怪我人のじーさんは朝ごはんを食べた後に二日酔いの激震に襲われダウン。そらそうだろうよ。何日間飲み続けてんだよって。

じゃあお昼までのんびりしますかと高齢者の皆さんはお昼寝。(すぐ寝る。でもハワイって眠くなるよね)
午後、ランチを兼ねてアラモアナショッピングセンターに行きましょうということに。
翌日はじーさんたちがゴルフなので、今日の夜に何かをしとかないといけないとタンタラスの丘の夜景とハワイアンレストランディナーを予約。

そうでもしないとまた日本食になっちゃうからね。

お昼過ぎにアラモアナに出発。
二日酔いじーさんはいまだ復活できないので、夕方まで寝かせておくことに。いい、それでいい。

フードコートでランチ。

IMG_5591.JPG
ガーリックシュリンプやっぱり美味しいね。

高齢者の皆さんはお魚系のフライなんかを食べて、すごい量ねぇ、食べきれないわ、とすったもんだやっておりました。無理に食わないでいい、お腹痛くなっちゃうから!!やめろ!!残りは食べるからってやってたんだけど、私きっと体重増加する。。。

アラモアナもぷらぷらしていたら、足が痛い、疲れたと合唱始めたので、ダッシュでノードストロームに走り、自分のお目当ての品だけゲット。

あのねぇ、お土産はいつでも買えると思うなよ。
絶対忘れたりするんだからちゃんと買っておいた方が良いと言っても言うこと聞かないので、ちゃちゃっと終了して、ホテルに戻り休憩タイム。

その間に夜のツアーのバウチャーを取りに行ったりして、私はちっとも昼寝も出来ない。
なんて多忙なの、うえーん。

IMG_0087.JPG
出ましたWillows

この日のディナーはこちら。
こちらで夕食をいただいてからタンタラスの丘へ夜景を見に行くツアー。

まあ、予想してたよ。私だって。
日本食じゃないからさ、味に文句も出るだろうなって。
でもさ、郷に入っては郷に従えとも言うからさ、

黙って食えるもの食え

とは思ったけど、口には出さなかったよ。
そうでもしないと二日目にして私の太い血管が切れそうだったから♪
でも、デザートの蒸しパンみたいなのバクバク食べてたけどね。w

DSCN5275.JPG
まあ綺麗

タンタラスの丘。
私も実は初めてだったけど綺麗だった。オレンジ色のライトが綺麗だよねぇ。
しかも金曜日だったので花火も見えました。あらお得。
20ドルもする写真サービスもやりたいっていうので写真撮ったし。
ご満足いただけたようで何より。

1回行けばいいね。タンタラス。

で、2日目は早めに終了。
翌日は早朝からゴルフ。お迎えの車に乗せなくちゃいけないから私も早起き。
こんなに眠れないハワイ初めて。

つづく




posted by Mali at 09:00| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月03日

高齢者と行くハワイ旅行 -その2-

そもそも、今回のハワイ旅行は母の一言から始まった。

死ぬまでに一度でいいからハワイに行きたい

はい、常套句でました。
70代の人にそう言われたら叶えるしかないじゃないですか。
我が家は、昭和の家族。まさに寺内貫太郎一家みたいな家ですよ。

NmllC.jpg

父に至っては、↑こんなオヤジです。
口で言ってわからないヤツは身体で覚えて下さいの人です。何回ぶん殴られたことか。おかげで受け身だけはうまくなったし、ここ殴ると痛いっていうの覚えましたけど。w
殴られた話だけでも本かけるくらいですけど、今回は旅行記なのでやめておきましょう。

なので母だけを連れて行って、父を置いていくなんてことは兄から頼むから頼むからやめてくれと言われていたのでセットですよ。やむを得んですよ。

当初はチェルシーも行くはずだったんだけど、仕事でNGになりました。
これも私にとっては痛すぎる状況でしたねぇ。仕事だから仕方ないんだけど、おーい!マジかー!って。でもまぁハワイだし、私のインチキ英語でもなんとかなりそうだったので仕方ありません。

ああ、前置きが長くなっちゃいますけど、そんなこんなでハワイに行くことになったワケです。
せっかく久しぶりに行くんだから8日間は行かないとと欲かいた私もいけないんですけど、結果としては高齢者の体調と体力を考えるとのんびり行ってよかったかなぁと思いました。

ゴルフバカのじーさんたちを連れて行ってるので、現地で2回くらいゴルフやらせないと間も持たないだろうなということもあり、じーさんたちからの解放の時間も母には与えないと可哀想だったので結果ヨシでした。

IMG_5539.JPG

成田に集合→何事もなくチェックイン→ラウンジにて待機
ってところまではスムーズ。あの飛行機に乗るんだよなんて言って旅気分が徐々に盛り上がっていたんですけど、高齢者チームもやっぱり盛り上がってたんですよね。
うちの家族は全員下戸なんで飲めないんですけど、一人のじーさんがガバガバ飲んでて楽しそうにしてたんです。

飛行機内でもガバガバいってたし、うーん大丈夫かと一抹の不安を抱えつつも、酒乱じゃないので楽しいお酒だったもんで私も見逃してました。

IMG_5547.JPG
ビュリホーな眺めはWaikiki Beach Tower

無事にホノルルに到着後、ダメ元でホテルに行ったらチェックインもさせてくれ、じゃあランチでも行きますか!!

と出かけた先はいきなりの

日本食

のリクエストで踊り子でうどん食べました。
日本だったら絶対にこんなお金払わないから!!っていう金額でしたが、高齢者の口に合わないものを食べさせて具合が悪くなるのは避けないといけません。

初日はフライトの疲れもあったので、レンタカーで食材だけ買いにホールフーズに行き、のんびり過ごしました。晩御飯は唯一の戦力の方のご紹介でワイキキで中華を満喫。
日本と食ってるもの変わらねえというのは置いておいて、高齢者が喜ぶことが第一です。それがこの旅の目的なんです。

IMG_0082.JPG

中華の後にはmaitai barになんて行っちゃって。
まさか両親とこんなところに来るなんて、それはそれでちょっと感慨深いものがありました。
楽しそうにしている両親を見ているのも嬉しかったしね♪

自分たちでハワイに行った時には行かない場所オンパレード。
それはそれで面白い経験で、違った側面から見る王道ハワイ。

そんな初日が穏やかに終了しました。
ただ、出発のラウンジから、機内から、ランチから、夕食から、バーから部屋まで飲み続けているじーさんが心配でしたけど。。。

つづく






posted by Mali at 09:00| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月02日

高齢者と行くハワイ旅行 -その1-

ああ、もう7月になっちゃいました。
湿気のない空気の軽い気持ちの良いハワイから帰ってきて1週間。
時間が経つのは早いもんですな。

IMG_0101.JPG
滞在中毎日虹が綺麗だった

さてさて、今回のハワイ旅行。
70代になった両親とその友達3人(70代1名と60代後半2名)、そして初ハワイの姉を連れて行くというファミリートリップでした。
60代後半の1名様はホノルルマラソンにも何十回と参加され、ハワイ自体にも何十回も行かれている強者でございますので、完全なる戦力。そして居てくれて本当に良かったワケです。
父はバブルの香り始める何十年も前にビッグアイランドには仕事絡みのゴルフで行ったようですが、オアフは初めて。その他のみんなと一緒、はっきり言って

戦力外通告w

兄やチェルシー(旦那)も一緒ならばどれほど楽だったかと悔やまれますが、お仕事組で不参加。
もうこうなると私が頑張るしかないハワイ旅行だったのでした。

いやーこの旅行記、長くなる。
きっと長くなるからサラッと書いてしまおうかとも思ってる。
でも、これからもしかしたら高齢になった親と旅行をなんて考えている友達のためにちゃんと書こうかと思ってる。

子連れでハワイなんてブログは結構あるじゃない。
年寄連れでハワイっていうのもあっていいいかなとも思ったり思わなかったり。いや、実際探すとあるんだけどさ。

私自身が経験した、ドタバタハワイを思い出のためにもしたためておこうかなとも思って。
だから最初に言っときます。長くなりますんで興味のない方は無視してください。

ってことで、長くなるから明日から。
ばいちゃ。




posted by Mali at 11:15| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする