2013年08月29日

SMILE

smiletree.jpg

なにが普通でどれが基準かはわからないけど
楽しく生きていられることに感謝してる。

夫と、友達と笑ってることも数多いよ。
幸福度はきっと高い。

でもさー、どうなの?
笑う門には福来るとも言うけれど。

みんなが笑える未来はあるの?
どうなの、ニッポン。







posted by Mali at 15:58| Comment(0) | Enjoy Everyday | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月28日

見つけたモノの意味するコト。

img129.jpg

先日、家の中の大掃除をした時に見つけたモノがある。
亡くなった祖父か祖母が取っておいたであろう、昭和43年11月15日の
読売新聞の切り抜きだ。昭和史の天皇、終戦の詔書について書かれている。

祖父は戦地へ赴き、祖母も満州から1歳と2歳の子供を連れて帰って
来た経験がある。実際に戦争の時代を生きてきた二人だ。
どんな気持ちでこの記事の切り抜きを取って置いたのかは、亡くなっている
のでもはや、聞くことは出来ないけれど大切なことのような気がする。

終戦の1945年から今は68年が経っている。
新聞記事は23年経った時に書かれているものだ。
たった23年しか経っていない時代ですら、記事にはこう書かれている。

“いまの若い人たちにはわかりにくいかもしれないので、現代語訳 − 詔書の現代語訳など未聞のことかもしれないが、これも時代の推移、漢学者の校訂を願って、あえてそれを掲げておくことにしよう。”

68年も経ってたら、尚さら今の私たちには終戦の詔書なるものは
映画やドラマの中で出てくる古いラジオからの音声という認識の人も
少なくないかもしれない。
実際、私自身も読むまではきちんと知らなかったからだ。

以下、現代語訳(新聞記事より)

******
わたくしは、世界の情勢とわが国が置かれている現状とを十分考え合わせ、非常の手だてをもってこの事態を収めようと思い、わたくしの忠良な国民に告げる。わたくしは、わが政府をもってアメリカ、イギリス、中国、ソ連の四国共同宣言、ポツダム宣言を受諾するむねを通告させた。

そもそも、わが国民がすこやかに、安らかに生活出来るよう心がけ、世界各国が共に平和に繁栄していくようはかるのは、歴代天皇が手本として残してきた方針であり、わたくしの念頭を去らなかったところでもある。したがって、さきに米英二国に戦いを宣した(昭和16年12月8日)理由もまた実に、わが国の自存とアジアの安定を心から願ったためであって、いやしくも他国の主権を押しのけたり、その領土を侵略するようなことはもちろん、わたくしの志とは全く異なる。この戦争がはじまってからすでに四年を経過した。その間、陸海将兵は各所で勇戦奮闘し、役人たちもそれぞれの職務にはげみ、また一億国民も各職域に奉公して来た。このようにおのおのが最善を尽くしたにもかかわらず、戦局は必ずしもわが方に有利に展開したとはいえず、世界の情勢もまたわれに不利である。加えて敵は新たに残虐な爆弾を広島、長崎に投下し、多くの罪なき人々を殺傷し、その惨害はどこまで広がるかはかり知れないものがある。このような状況下にあってもなお戦争を続けるなら、ついにはわが日本民族の滅亡をきたすようなことにもなり、ひいては人類が築きあげた文明をもうちこわすことになるであろう。それでは、わたくしはどうしてわが子どもにひとしい国民大衆を保護し、歴代天皇のみたまにおわび出来ようか。これこそわたくしがポツダム宣言を受諾するようにした理由である。

ポツダム宣言の受諾にあたってわたくしは、わが国とともに終始アジアの解放に協力した友邦諸国に遺憾の意を表明しないわけにはいかない。またわが国民のうち戦死したり、職場に殉ずるなど不幸な運命になくなった人々やその遺族に思いをはせると、まことに悲しみにたえない。かつ戦傷を負い、空襲などの災害をうけて家業をなくした人々の厚生を考えるとわたくしの胸は痛む。思えば今後わが国が受けるであろう苦難は筆舌に尽くし難いものであろう。わたくしは国民の心中もよくわかるが、時世の移り変わりはやむを得ないことで、ただただ堪え難いこともあえて堪え、忍び難いことも忍んで、人類永遠の真理である平和の実現をはかろうと思う。

わたくしはいまここに、国体を護持し得たとともに、国民のまことの心に信頼しながら、いつも国民と一緒にいる。もし感情の激するままに、みだりに問題を起こしたり、同胞がおたがいに相手をけなし、おとしいれたりして時局を混乱させ、そのために人間の行うべき大道をあやまって、世界から信義を失うようなことがあってはならない。このような心がけを、全国民があたかも一つの家族のように仲良く分かち合い、長く子孫に伝え、わが国の不滅であることを信じ、国家の再建と繁栄への任務は重く、そこへ到達する道の遠いことを心にきざみ、国民の持てる力のすべてをそのためにそそぎ込もう。そうした心構えをいよいよ正しく、専一にし、志を強固にして誓って世界にたぐいないわが国の美点を発揮して、世界の進歩に遅れないよう努力しなければならない。国民よ、わたくしの意のあるところを十分くみ取って身につけてほしい。
******

第二次世界大戦で亡くなった人、約310万人。
今、またその戦争をしようとしている。
はだしのゲン読んだらいけないの?なんで?
むしろ読むべきでしょう。

昭和天皇が願った、

“わたくしはいまここに、国体を護持し得たとともに、国民のまことの心に信頼しながら、いつも国民と一緒にいる。もし感情の激するままに、みだりに問題を起こしたり、同胞がおたがいに相手をけなし、おとしいれたりして時局を混乱させ、そのために人間の行うべき大道をあやまって、世界から信義を失うようなことがあってはならない。”

これとは全く逆の方向に走っていこうとしているよ。
戦争も原発も。



posted by Mali at 21:56| Comment(0) | NO Title | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お久しコンポスト。

最後の更新からかれこれ3ヶ月が経とうとしている。

うっすら『あれ?どうなった?』と記憶の片隅に覚えている方も
いるかもしれないし、いないことを祈りたい。w

そんなウチのダンボールコンポストは、、、

捨ててませんよ!ありますよ!!

言い訳をタラタラさせていただくと、梅雨に入ってジメジメして
蚊に食われるのがイヤで極力ベランダに出たくなかったことや、
そろそろ一ヶ月経つからゴミの投入やーめたってタイミングや、
コバエが少し発生したので、窒息させたる!ってタイミングもあり、
放置してたらゲリラ豪雨で濡れたりなんだでさらに放置しました。

湿度の低い爽やかな今朝、恐る恐る開けてみた。

IMG_20130828_112256.jpg

あら?平気じゃん。コバエも死滅で姿なし。
乾燥されてサラサラの黒い土になっていた。ホッ。
ちょっと乾燥しすぎかなーって思ったので、お水を入れて混ぜてみた。

もうしばらく放置してみよう。
二階のプランターたちの夏野菜を整理してキレイにしたら肥料として
使ってみよう。それまで、お水を足しながら放置。

3ヶ月は放置しないようにしなくては。w


posted by Mali at 11:47| Comment(0) | ダンボールコンポスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月27日

わたしたちの未来は?

ocean.jpg

福島第一原発の事故直後から本当に正しい報道は
一切されていないんだとなんとなく予想していたけれど、
本当に報道されていない事実がぽろぽろと出てくると、正直へこむ。

なぜなら昭和に生まれた私たちにとって情報を得る手段と言ったら、
テレビや新聞が当たり前で、テレビのニュースなんて言ったらウソなんて
絶対につくわけない。そんな風に思って見てきた世代だ。

インターネットで世界中の情報が見れるようになった今では、
自分から率先してどんどん探していかないと本当のことがわからない始末。
まぁ、誰かに頼ってはいけないってことでもあるんだろうけど。

福島原発再稼動の可能性あり!?
ドイツのシュミレーションでは福島の汚染水で太平洋はおわり
【重要】マスコミが報道をしない全国の放射能汚染地図!東京は猛烈な汚染!静岡も東部や太平洋側で高い数値!
太平洋で希釈されず、北米西海岸では日本の10倍
汚染水は除去できるクールジャパン、日本ポリグル

FBのシェア機能は簡単なので見ることが多い。
ここにある以上にもっともっといろんな記事がアップされてる。
信憑性はともかくとして、ほじくればほじくるほど色々出てくる。

正直、こういうのを読めば読むほど、ブルーになる。
この先外国のさまざまな人から、

『日本人ってイルカやクジラを殺したりするだけかと思ったら、
今度は太平洋そのものを殺すつもりだ。最低の人種。』

とか言われるんだろうなぁって思ったりして悲しくなる。
ここぞとばかりに

『過去の戦争を省みろ』

とか言われてアジアの隣国に脅かされる。
戦争がしたくてたまらない政党が憲法の解釈を変えようとしている。
解釈を変えるってそれってただの屁理屈コネてるだけじゃん。
反抗期の小学生か。

低線量被曝者としてモルモットとして生きていかなくてはいけないの?
家族と自然と一緒に明るく健康に過ごす未来は私たちにはないの?

震災直後の津波の映像を繰り返し見て、精神的にやられた時のように
ちょっとやられそうな自分がいる。
漠然とした不安が夜の闇のように覆いかぶさってくるような気がする。

青い空と白い雲と緑の山と透き通った海や川があって
家族の笑顔があって、ご飯がおいしいね、空気がおいしいねって
楽しく生きたいだけなんだけど。


posted by Mali at 15:29| Comment(0) | ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月19日

2013年 -夏-

お盆も終了。
おじいちゃんもおばあちゃんもご先祖さまもワンコたちも
みんなお墓経由で天国に帰ったころか。w

面倒臭くなる時も多々あるけど、FBの方が楽なもんで
Blogの更新が滞りがち。
まあたいしたことも起きてないので、そんなに書くこともないけど
せっかく続けてるんだからこの夏の出来事でも更新しましょうか。


・猫部

1005217_10151544994987843_1169412592_n.jpg

1045118_10151550929477843_695085456_n.jpg

猛暑にも負けず、我が家の猫たちは元気。
暑い日中は極力省エネ運転で乗り切っている。

・花火部

995744_10151571260082843_1158353785_n.jpg

毎年恒例、超セレブな場所での神奈川新聞花火大会は
下界を見下ろし迫力の大玉花火を楽しみ、

972120_10151604753447843_124578423_n.jpg

お盆恒例、地元のシンプル花火大会を手足口病を患った
チェルシー(旦那くん)と堪能。

・サーフィン部

1005599_10151536060792843_196999286_n.jpg

海の日の連休あたりに頭が貯金箱になった人もいたり、

17740_10151576455792843_577303782_n.jpg

防波堤でマジ寝をするサーフィンバカアレの皆さんと共に
出来る限り、いや行き過ぎか?ってくらいに海に行ったっけ。
台湾からのファミリーとも一緒に海に行ってBBQもしたしねぇ。
海に入ると暑いけどさっぱりするんだよね、不思議と。でも焼ける。。。
やっぱり海もサーフィンも最高なのよねぇ♪これより楽しいモノ今のとこない。

・美容部

994578_10151599345612843_1863396267_n.jpg

宮崎で民家民宿Country Fieldを営む友人から
太陽をたっぷりすぎるほど浴びたアロエの化粧水が届いてお肌ツルツルになったり、

1208850_10151604480497843_112487523_n.jpg

セルライト予防のレシピでマッサージオイルを作ったりして自然派女子。

・NEW部

1001547_10151545573442843_54703460_n.jpg

一番の新しいコトといったら、SHOちゃんのお店がOPENしたことかな。
Cloveruはもちろんのことインポートのビンテージ物やアイテム満載。
随時商品は増えていくみたいなので、足しげく通うのがオススメ。

THE SHOW room
〒225-0002 横浜市青葉区美しが丘5-27-16 1F
※田園都市線「たまプラーザ」より徒歩10分
営業時間 午前10時〜午後7時
定休日  日曜日


そんな私の夏。
まだまだ終わらないけど、もう少しマメに更新すっかな。w
皆さま、体調を崩したりしないようご自愛くださいね。

免疫力アーーーーーーーーーーッップ!!!!!!




posted by Mali at 13:34| Comment(0) | Enjoy Everyday | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月18日

内緒話。

image.jpg


世間的お盆休み期間中、我が家の旦那さまは海外出張中で不在。
久しぶりに幼馴染のお家に遊びに行ってご飯を食べた時のこと。

幼馴染夫婦が二子玉川にあるデパートの中にある
★ン★ーマンという高価なモノがたーくさん売っている
セレクトショップに入った時の話を教えてくれた。

なんかの商品を見ていて、ちょっと見たいなぁと思ってたら
そこの店員の第一声がこともあろうか

『お高いですよ』

って言われたんだって!!
ビックリ!!店員がお客さんにそんなこと言うの?
あまりにもびっくりして言葉がなかったって言ってたけど。

マンション買ってますけどって言ってやれば良かったのにぃって
笑ってたけど、そんなこと言われたら私だったら店長呼べだな。w

某ブランド店の店長をつとめるもう一人の幼馴染も驚愕!!って
言ってた。当たり前だよね〜。クビだよクビそんな店員。

恐ろしい。
そんな内緒話もあり、幼馴染との会はメチャクチャ楽しかった
夏の思い出。



posted by Mali at 01:02| Comment(2) | ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする